2012年3月22日 (木)

2012年の畑抽選もれ

2006年から始めた家庭菜園でしたが、2年に一回の畑のレンタルで抽選にもれてしまいました。。。しばらく、畑生活もお休みとなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月18日 (日)

大根5種類の収穫

Img_0007_4

大根5種類収穫いたしました。

左から「早太り聖護院ダイコン」、「オフクロ」、「「おろし」、「ミニ大根」、「辛吉」です。

早太り聖護院大根は、初収穫。煮物によいとありましたが、生で食べても甘みがあり美味しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月12日 (土)

久しぶりの更新

Img_0768 Img_0776 両方ともタキイの大根です。「おろし」、「早太り聖護院ダイコン」、そしてほかにも「オフクロ」と呼ばれる三浦大根系を育てています。「おろし」に関してはは、畝幅を狭く、畝を高くせずにつくりました。収量も多く、良く育っています。

Img_0780 こちらがそのおろしです。

Img_0777 Img_0778 大根と同じアブラナ科の「西洋わさび」です。どことなく、葉の形も大根ぽいです。。。11月に収穫ということですが、まだ青々と育っています。

Img_0769 Img_0771 蕪、青梗菜とスティック春菊です。少し種を厚く蒔きすぎたようです。間引きが大変。

Img_0775 Img_0774 サニーレタスも順調に育っています。唐辛子類はまだまだ収穫できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

ナス、唐辛子、ピーマンの収穫

Img_0146 ナス、唐辛子類の収穫です。

先週収穫しましたが、大量。唐辛子は、福耳唐辛子、ハンガリアンイエローワックスなど。

猛暑が一休みしましたので、まだ、収穫できそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月16日 (土)

巨大ニンニク収穫、夏野菜の様子

Img_0038 Img_0039 忙しさに負けて、暫く更新していませんでした。

こちらは、7月3日に収穫した巨大ニンニク、エレファントガーリック。普通のニンニクの3倍ぐらいあるでしょうか。。。大きくなるのに時間がかかるせいか、収穫時期は普通のニンニクより一カ月遅れました。採れたてをアルミフォイルに包んでガスレンジの魚を焼く場所で焼き上げました。ホックリとしながらも、ジューシー、普通のニンニクの刺激はなく美味しくいただきました。

Img_0042 こちらは、ニンニクと同じ日に採れた白玉ねぎ。普通のタマネギよりも一皮ごとの厚みがあり、タマネギ特有の刺激も緩やか。厚目に切り、ほんの少し水にさらすだけで、サラダとして抜群の存在を発揮。

Img_0046 トマトも収穫が始まりました。

他の夏野菜も沢山収穫できます。特に今年は、キュウリが沢山できています。しかしながら、キュウリの成分をみるとカリウムが多いため、誤ってセシウム吸ってたらと考えてしまいます。予防策となるかどうかは分かりませんが、キュウリは、ほとんど食べていません。

他の野菜が必ずしも安全かどうか分かりませんが、あまり心配せずにたべています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 5日 (日)

ニンニク、タマネギ収穫

Img_0015 ニンニクの収穫時期は、葉が3/2枯れてからといわれる。

今回は、葉が枯れる前に収穫しました。

Img_0016 Img_0017 ニンニクの株元を見ると地表を押しのけ、球根が見えます。

Img_0022 引きぬいてみると、十分育っていました!

雨にあたりすぎると、腐る可能性があったので、梅雨入り前に収穫したかったが、なかなか、地表部分が枯れなかったので収穫に踏み切れなかったが。。。

今回の収穫のタイミングは、以下2点から判断しました。①地表部分に球根が見えてきた②タマネギの収穫時期と合わせた

Img_0007 Img_0013 タマネギは、一週間ほど前から、晩生種以外は、葉が倒れ収穫の合図がありました。密植していたので、球根は若干小さめだが、この大きさのは、味が良く、保存期間も長いので、満足いく収穫でした。

Img_0029 一日乾かし、保存しています。

Img_0026 晩生種は、密植栽培が気に食わないのか、球根が膨らず、収穫までもうしばらく辛抱。

Img_0010 Img_0011 インゲンとキュウリは、同じ畝に植えています。キュウリの株元のインゲンは、花が開花、キュウリも大きく成長しはじめ、花の蕾がちらほら見えます。

Img_0028 オクラは、ポットで発芽育苗して、本葉が一枚の時に、畑に定植。

あまり上手く育っていません。寒いからか、移植に弱いせいか。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

冬野菜と夏野菜との入れ替え

Img_4424 冬野菜の代表、ホウレン草。花が咲いてしまいました。。。3月頃種を蒔いたのですが、日照時間が長くなると株が大きくならず、本葉三枚ぐらいから蕾ができます。こうなると苦く不味くなってしまいます。全て撤去。夏野菜のナスと入れ替えます。

Img_4427 Img_4428 こちらは、昨年球根を植えたサフランです。地上部が枯れてしまったので掘り起こしてみました。昨年植えた10個が倍以上になりました。今年も植えます。

Img_4423 Img_4426 左がエレファントガーリックです。こちらニンニクの芽も大きい。右の普通のニンニクのように芽が丸まってから収穫します。ニンニクに栄養がいくようにと芽を早く取りすぎると、芽の脇からいくつも葉が出てきて、ニンニクの収穫が遅れがちになります。

Img_4425 Img_4419 空芯菜、ヒュナ、カイラン、チコリ、モロヘイヤをキュウリやナスの株元に植えてきました。この葉野菜達で土壌の水分を保ち、夏の実野菜の成長を助けます。

Img_4422_2 タマネギの様子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

トマトの定植

Img_4414 トマトは、一番花が開花する時期に定植するのがよいと言われています。

日光不足か、気温が低かったせいか、ひょろひょろした苗となりましたが。。。一番花の蕾が見えます。上出来、上出来。

Img_4417 ゴールデンウィーク最終日に定植できるように毎年種を蒔いていました。本日は、天気もよく、苗も良く育っていましたので、早朝から畑へ植えてきました。

畝幅約60cmにマルチをして、苗を寝かして、千鳥植え。株間は、40cmとしました。

Img_4418 各株元には、コンパニオンプランツとして、ニラを沿えるように植え、ところどころにフレンチマリーゴールドを植えました。あと、1種類、トマトの風味を良くすると言われるバジルは、育苗中です。1-2週間後に、畑へデビュー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 5日 (木)

夏野菜の一部定植

Img_4398 Img_4397 夏野菜キュウリ(3/13日播種)の苗を畑に定植。

コンパニオンプランツとして株元にニラを沿えるように植えました。去年トマトを植え、冬には、ブロッコリーを栽培していた場所へ定植。品種は、地這えきゅうり、ミニキュウリ(らりーの)、シャキット、そして、海外品種のキュウリとして初めて収穫まで上手くいったガーキン(Cerriolo Cucumber Piccolo DiParigi)を植えました。更に、今年も懲りずにメロン:かわいーなに挑戦。

Img_4399 キュウリの根が根付くまで、行燈仕立てとホットキャップをつけて風の被害を防ぎます。ウリ葉虫も防げます。

Img_4395 こちらは、ナスです。去年の夏にトマトを育てた畝です。連作障害が心配なので、接ぎ木苗を購入。千両2号と黒陽の苗を定植。

Img_4403 種から育てた3種(Goat Horn、Mucho Nacho Hot Pepper、Cherry Bomb Hot Pepper)と購入した苗(ししとう:翠臣と田中つまみ唐辛子)を定植しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニンニクの芽収穫、玉ねぎの様子

Img_4388 Img_4387  ニンニクの芽が出始めました。2009年に栽培したときよりも2週間遅れでニンニクの芽が出始めました。前回はニンニクの芽を収穫してから3週間でニンニクの収穫が出来ましたが、今年はどうなるか。

Img_4401ニンニクの芽が出てくると株元の土にひびが入り始めます。

Img_4390 Img_4392 タマネギも少し大きくなってきました。株間は、狭く、そして、発酵鶏糞肥料を大量に元肥としてあげました。追肥は一切あげていません。

Img_4400 のらぼう菜の収穫は、終了いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«トマト、唐辛子、ナスの様子